試合終了〜!

チョコ泥棒野球部、初の対外試合が、無事終了致しました。

本当ならば、公演当日であったはずなのに、
そんな日に、呑気に野球ができるという。

あぁ、なんと幸せな時間。

そんな幸せな野球日和、
ぼくらは例のごとく、時間にルーズでありました。
だって、幸せなんだもの。
時間に追われてたら、幸せは逃げていくでしょ?
だから、時間を忘れて、集合時間も忘れるの。

誰一人正確な集合時間を把握せぬまま、
試合当日となりました。


「夕方頃」

と、ぼやけた集合時間を設定してしまったせいで、
各々が考える「夕方頃」に、各々が会場に入ります。

僕らのチームの最初の部員が到着した頃には、
相手チームは既にウォーミングアップを終えていた模様です。

そんなこともあり、
僕らは一人として満足に準備をすることなく、
そのまんま試合開始となり。

だから、と言いたくはないのですが、
でも、言わざるを得ないことを言うと、

だから、負けました。

だって、ウォーミングアップしてないんだもの。
勝てる訳ないでしょ? そうでしょ?

ま、仕方ないんです。

試合には負けたんですけど、だからといって、
勝負に負けたってことではありませんのでね。
この前も書きましたけどね。

当日は実況中継風に、
逐一、facebookかなにか
アップしようかとも思ってたんですけれども、
考えたら試合中ですしね。
相手チームにも失礼になりますし。

なので、ちょっとしか写真も撮れてませんし、
あと、ゲームの展開も忘れました。

うっすら覚えているのが、

ボコボコがピッチャーをしてボコボコにやられたこと。

・マネージャー・米須(サッカー部)の守備率が
 100%だったってこと(つまりノーエラー)。

・助っ人・コーケン(ハンド部)が
 三遊間をキレイに破るヒットを打ったこと。

代表・志喜屋が肉離れをしたこと。

こんな感じです。

いやぁ〜、楽しかった。

負けたけど、もうそんなこと覚えてないです。

もはや、負けてないです。そうです。

だって、ね?


森の中で、鳥が高い声で鳴いたとして、
その鳴き声を誰も聞いていなかったら、
鳥は鳴いたことになりますか?


それと一緒で、ね?

ということは、勝ったということです。
僕らは、勝利に値した、ということです。

僕らの勝率は、100%です。
無敗です。
チャンピオンです。


沖縄県内の、勇敢な戦士たちよ!

我らに勝負を挑もうという勇敢な精神を持つものは、
一歩前に踏み出したまえ。
我らが、君たちの壁となり、立ちはだかろうじゃないか。
上に行きたければ、前に進みたければ、
我らを超えていけ。

我らは、手加減をしない。
あと、時間を守らない。
あと、試合中、私語が多い。
そのせいで、中断が多い。

それらを乗り越える覚悟があるものは、
我らに試合を挑みたまえ!


2014-09-18チョコ泥棒野球部、始動。
2014-10-12対戦相手と、あと、審判も募集します。
2014-10-15どうなのよ、クライマックスシリーズって。
~少数の法則~
2014-10-25試合終了〜!